トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保険 >士別市新生児聴覚検査 費用助成
本文

士別市新生児聴覚検査 費用助成

 士別市では、令和2年4月1日生まれ以降のお子様が、産後すぐに医療機関で受ける新生児聴覚検査の費用助成を始めます。

 新生児聴覚検査とは、生まれてすぐに赤ちゃんの聴覚に異常がないかを調べる検査です。

 聴覚の異常を早期に発見し、適切な治療を行うことで、ことばの発達への大きな効果が期待できます。耳の聞こえに異常があるかどうかは、外見ではわかりにくく、赤ちゃんの様子だけから判断することは困難です。早期に発見するためにも、ぜひ新生児聴覚検査を受けましょう。

 

1.助成の対象となる方

  士別市に住民票があり、令和2年4月1日以降に生まれた生後3か月以内のお子さん

2.助成の対象となる検査

  新生児聴覚検査の初回検査分1回

  検査方法:自動ABR(自動聴性脳幹反応) または OAE(耳音響放射)

3.助成金額

  8,000円上限

4.助成の受け方

 (1)令和2年4月1日から5月31日までに生まれたお子さん

  検査を受けた後、一度全額自己負担でお支払いいただき、検査を受けた日から1年以内に、以下の書類を持参の上、士別市  保健福祉センター窓口で検査料助成の申請をしてください。(令和2年6月1日以降から申請を受付ます)

  【必要になるもの】

   ・医療機関の領収書(「新生児聴覚検査」と記載のあるもの)

   ・新生児聴覚検査料助成申請書(保健福祉センター窓口にあります。もしくは当ホームページでダウンロードできます)

    → 士別市新生児聴覚検査料助成申請書(10KB)(Word文書)

   ・振込先の口座番号(保護者のもの)

   ・母子健康手帳、印鑑

 

 (2)令和2年6月1日以降に生まれたお子さん

  「新生児聴覚検査受診票」を検査を受ける前に医療機関に提出すると、上限額まで自己負担はかかりません。

   (対象となる方には事前に交付しています)

 

  ※注意 

    「新生児聴覚検査受診票」が使用できない医療機関があります。

   その際は、検査を受けた後、一度全額自己負担でお支払いいただき、検査を受けた日から1年以内に、

  以下の書類を持参の上、士別市保健福祉センター窓口で検査料助成の申請をしてください。その際の手続きに

  ついては上記➀と同様になります。

 

5.新生児聴覚検査受診票が利用できる士別市近隣の医療機関(令和2年4月1日現在)

  ・名寄市立総合病院(名寄市)

  ・JA北海道厚生連旭川厚生病院(旭川市)

  ・旭川赤十字病院(旭川市)

  ・森産科婦人科病院(旭川市)

  ・せせらぎ通りクリニック(旭川市)

  ・たけだ産婦人科クリニック(旭川市)

  ・東光マタニティクリニック(旭川市)

  ・豊岡産科婦人科医院(旭川市)

 

 ※他道内の医療機関については、各医療機関にお問い合わせください。

 

6.その他

  新生児聴覚検査は、出産した医療機関で入院中に行うことが多いですが、実施しなかった場合は、

 退院後出産していない医療機関でも検査を受けるとができます。その際は保健福祉センターにご相談下さい。

 

7.申請・お問い合わせ先

  士別市保健福祉センター   士別市東11条5丁目

                     電話番号:0165-22-2400

 

 

 

  

お問い合わせ

健康福祉部 保健福祉センター
TEL: 0165-22-2400   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?