トップページ > 事業者向け情報 > 農業 > 農業政策 >農業用ため池の届出が必要です
本文

農業用ため池の届出が必要です

 

 令和元年7月1日より、農業用ため池の届出制度が始まりました。

 

 平成30年7月豪雨など、近年、豪雨等により多くの農業用ため池が被災し甚大な被害が発生したことに伴い、決壊による災害を防止するため、「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」が制定され、農業用ため池の所有者や管理者の方は、ため池の情報を北海道に届け出ることが義務づけられました。

 

(1)届出が必要となるため池

    農業用に利用しているため池

    ※現在、利用されていないため池でも、過去に農業用に利用され、利用可能な状態であるため池は含まれます。

 

 

(2)届出期限

    ◎法律の施行日(令和元年7月1日)以前に築造されたもの

      法律の施行日から6ヵ月以内(令和元年12月27日まで)に届出が必要です。

 

 

    ◎上記以外の場合(新たに築造したもの、取り壊したもの)

      その都度、届出が必要です。

 

 

(3)農業用ため池とは?

    農業に利用するために人工的に築造されたため池施設です。

ため池

 

 

(4)問い合わせ先

    士別市役所 経済部農業振興課農産係

      電話:0165-26-7122 FAX:0165-22-2478

 

    北海道上川総合振興局 産業振興部調整課指導企画係

      電話:0166-46-5967 FAX:0166-46-5214

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?