トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 >旧優生保護法に関する相談窓口について
トップページ > お知らせ >旧優生保護法に関する相談窓口について
トップページ > 健康・福祉 >旧優生保護法に関する相談窓口について
本文

旧優生保護法に関する相談窓口について

 昭和23年から平成8年まで施行されていました旧優生保護法に基づき、北海道全体で2,500人を超える方に対して強制不妊手術が施されていました。

 北海道では、この事実を重く受けとめ、手術が施されたご本人やご家族からの相談等に対応するため、平成30年3月12日に「旧優生保護法に関する相談センター」を開設しました。

 相談は、電話、面談(要予約)、メール、郵送で行えますので、関係文書の開示や旧制度に関してのお問い合わせなどがありましたら下記にご連絡ください。

 

【電 話】0120-031-7101(受付時間8時45分~17時30分)土日祝祭日を除く ※通話無料

 ※フリーダイヤルが込み合う場合は、子ども子育て支援課011-206-6343(通話有料)におかけいただき、相談センターから折り返します。

【FAX】011-232-4240

【メール】hofuku.kodomo1@pref.hokkaido.lg.jp

【郵 送】〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

     北海道保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課

 

 北海道のホームページにも【「旧優生保護法に関する相談センター」の内容について】が掲載されています。

 

 

  

お問い合わせ

保健福祉部 健康長寿推進室 保健福祉センター
代表: 0165-22-2400   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?