トップページ > 市民向け情報 > 広報 > カメラレポート > 過去のカメラレポート > 平成28年 >カメラレポート…全日本ウエイトリフティングマスターズ(6月9日~12日)
本文

カメラレポート…全日本ウエイトリフティングマスターズ全国大会(6月9日~12日)
 

 

 士別市総合体育館にて6月9日~12日の日程で、第34回全日本マスターズウエイトリフティング競技選手権大会が開催されました。
 大会は、初日から日本マスターズ新記録が続出するなど、盛り上がりました。東京・メキシコ五輪で金メダルを獲得した三宅義信選手が、75歳以上56kg級に出場すると、会場から大きな歓声と拍手が贈られました。
 士別市から出場した5人の選手も、全員が表彰台に上がるなど大いに活躍を見せました。 

 

 三宅義信選手 日本ウエイトリフティング協会小池百合子会長が表彰 
 三宅義信選手(75歳以上56kg級)第3位 日本ウエイトリフティング協会小池百合子会長が表彰 
  
  大会初日(9日)入賞者と日本ウエイトリフティング協会小池百合子会長、牧野勇司士別市長
 大会初日(9日)入賞者と日本ウエイトリフティング協会小池百合子会長、牧野勇司士別市長
 栗原善一選手(45歳以上69kg級)第3位 古川敬選手(45歳以上94kg級 )優勝 
 栗原善一選手(45歳以上69kg級)第3位 古川敬選手(45歳以上94kg級)優勝 
  大会3日目(11日)入賞者、北海道ウエイトリフティング協会岡田晃会長
 大会3日目(11日)入賞者、北海道ウエイトリフティング協会岡田晃会長
 中川卓選手(40歳以上105kg超級)優勝 佐藤貴幸選手(35歳以上77kg級)3位 
 中川卓選手(40歳以上105kg超級)優勝 佐藤貴幸選手(35歳以上77kg級)第3位
 遠藤将隆選手(35歳以上94kg級)準優勝 
  遠藤将隆選手(35歳以上94kg級)準優勝

 

 

過去のカメラレポートへ

 

  

お問い合わせ

市民自治部 自治環境課 広報担当

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?