トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険税 >国保税算定と高額療養費の所得区分把握に伴う税の申告
本文

国保税算定と高額療養費の所得区分把握に伴う税の申告

 国民健康保険の加入者は、所得割の算定や軽減の判定、高額療養費の自己負担限度額判定などのため、所得の申告が必要になります。申告をされない場合には不利益が生じる場合がありますので、申告が必要な方は申告期限までに申告してください。

 

 

【申告の必要がない方】

・確定申告または住民税(市・道民税)の申告をした方

・給与所得のみで給与支払報告書が会社から市役所に提出されている方

・公的年金等以外に所得がなく、公的年金等支払報告書が市役所に提出されている方

・扶養親族となっている当該年度4月1日現在16歳未満で収入がない方

 

 

【申告が必要な方】

・上記以外で国民健康保険税の納税義務者(世帯主)及びその世帯に属する被保険者

・収入(所得)がない方や、遺族年金・障害年金などの非課税収入があった方

※収入がないなど住民税の申告義務がない方でも、軽減の判定、高額療養費の自己負担限度額判定などのため、申告が必要となります。

 

 

【申告期限】

・毎年4月15日まで

(国民健康保険税の賦課期日(4月1日)後に納税義務が発生した場合は、発生した日から15日以内)

 

 

【転入して国民健康保険に加入された方へ】

 1月1日現在、士別市に住民登録をしている方は、3月15日までに行った住民税や所得税の申告書を基に所得割の計算をしますが、1月2日以後に転入された方は前住地に住民税や所得税の申告書を提出しているため、所得割の計算ができません。

 そこで、前住地の市区町村へ所得を照会し、その回答があった時点で再度税額を計算します。その結果、税額が変わる場合があります。また回答の内容によっては士別市に「簡易申告書」を提出していただく場合があります。

 

  

お問い合わせ

市民自治部 市民課 国保係
TEL: 0165-26-7712   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?