トップページ > 市民向け情報 > 消費生活 >一般・高齢者を対象とした消費者教育事業
本文

一般・高齢者を対象とした消費者教育事業

 消費生活見守りサポーター養成講座

 

 

 架空請求や振り込め詐欺、悪質な訪問販売など、高齢者などをターゲットにした消費者トラブルが後を絶たない状況のなか、消費者被害をくい止めるためには、地域の方々の気づきにより早期発見し、救済する見守り体制が必要となっています。

 そこで、地域でさまざまな活動をしている団体や消費生活問題に関心がある方を対象に、相談窓口と地域の高齢者をつなぐパイプ役となる「消費生活見守りサポーター」を育成するため、見守りと啓発活動に必要な知識を学ぶ養成講座を実施しています。

 

 


平成30年度 開催内容(全2回) 案内チラシ(538KB)(PDF文書)


 

  

お問い合わせ

市民自治部 自治環境課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?