トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 結婚・離婚 >ひとり親家庭に対する制度
トップページ > 市民向け情報 > 子育て支援 > ひとり親家庭に対する制度 >ひとり親家庭に対する制度
本文

ひとり親家庭に対する制度


 

 

 

  士別市では、ひとり親家庭等に対する様々な支援を実施しています。制度の名称をクリックすると詳しい内容のページが開きます。

 

制度の名称

概要

  担当課
 

児童扶養手当

ひとり親家庭等で18歳以下(特例で20歳未満の障がい者等)の児童を養育する場合に手当が支給されます。(誕生日以降最初の3月31日まで。所得要件等があります)

○健康福祉部こども・子育て応援課

〇朝日支所地域住民課


 

ひとり親家庭等
交通費支援事業

 

ひとり親家庭等の児童が、診療時間外などで士別市立病院小児科を受診できず、名寄市立総合病院を受診する際、タクシーを利用した場合に利用料金を助成します。

市立保育所

保護者が就労する場合には、未就学児を市立保育所でお預かりすることができます。保育料についても減額になる場合があります。

放課後児童クラブ

保護者が就労する場合で、小学校6年生までの児童については、学校終了後、児童館内の放課後児童クラブで学童保育を受けることができます。

母子家庭等自立支援教育訓練給付金事業

就業のための資格取得などの教育訓練を受講する場合に支払った経費の一部を助成します(事前申請が必要です)

ひとり親家庭等入学資金支給制度 

ひとり親家庭等の児童が小学校、高校、大学等に入学する際に、資金の一部が支給されます。 

母子・父子・寡婦福祉資金貸付制度 

ひとり親家庭等の子どもが高校・大学等に進学する場合の修学資金等の貸付があります。 

入浴料助成事業

いきいき健康センター・「和が舎」を利用する場合に、入浴料の助成を行います。 

就労自立促進事業

児童扶養手当受給者で無職の方は、ハローワーク士別と士別市が連携して実施する、効率的・効果的な就労支援を受けることができます。

○健康福祉部こども・子育て応援課 

ひとり親家庭等医療費助成制度

 

ひとり親家庭等の18歳以下(特例で20歳未満の学生等)の世帯の医療費を助成します。 

○市民自治部市民課 
○朝日支所地域住民課 

市営住宅入居

20歳未満の子を扶養している母子・父子家庭は、抽選倍率を一般世帯の2倍としています。

○建設水道部施設管理課
○朝日支所経済建設課 
水道料金・下水道使用料金減免

20歳未満の子または学生を扶養している母子家庭が対象となります。(市民税の課税要件があります)

就学援助制度 

経済的な理由により、小中学校生の学用品費や給食費などにお困りの方のために、学校で必要な費用を援助しています。 

○教育委員会学校教育課


士別市では、ひとり親の婚姻の有無による不利益を解消するため、未婚のひとり親の方も、寡婦(夫)控除とみなした税額で利用料等を決定する「寡婦(夫)控除のみなし適用」を実施しています。詳しくはこちらをクリックしてください。

  

お問い合わせ

健康福祉部 こども・子育て応援課 子育て支援係
TEL: 0165-26-7759   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?