トップページ > 市政・組織情報 > 政策・計画 > まちづくり基本条例 >まちづくり基本条例(仮称)策定基本方針
本文

「士別市まちづくり基本条例(仮称)」策定にあたっての基本方針


 1.条例策定の背景と必要性

平成12年の地方分権一括法の施行に伴い、権限と財源の地方への移譲が進められ、地方自治体には、これまで以上に自主性・自立性(自律性)ある運営が求められています。一方、住民ニーズやライフスタイルの多様化・個別化などにより、従前のように行政が直接に対応するサービスだけでは個別の課題への対応が困難な状況となってきています。

こうしたなか、社会環境の変化に対応していくためには、市民と行政の信頼関係を築くことはもとより、「自らのまちは自らの手でつくる」という意識のもとでの「住民自治のまちづくり」の視点が、これからのまちづくりに必要となっています。

市民と行政が一体となって「協働のまちづくり」を推進し、地方自治の確立を図るため、自治体運営の基本原則・理念、市民・議会・行政の責任と役割などを示す指針として、基本的なルールをまとめた「まちづくり基本条例」の策定が必要とされています。

 

 

2.条例策定の基本方針

「士別市総合計画」における考え方を踏まえ、自治に関する基本理念・基本原則、「協働のまちづくり」を推進するための仕組み、市民・議会・行政の責任と役割などを示した市政運営に関する基本的なルールを、次の視点に立ち策定します。


(1)最高規範性の視点

士別市まちづくり基本条例(仮称)は、士別市のまちづくりにおいて最高規範性をもつことを明確にするとともに、その理念を充分尊重して、各々の責任や役割分担、協働のあり方などを定義します。


(2)市民参画の視点

策定にあたっては、公募を含めた市民参画による「検討市民委員会」を設置し、その場での議論経過等を十分尊重するとともに、広範な市民意見を反映する手法を取り入れます。


(3)情報公開の視点

策定状況などについて、適時に情報公開するとともに、広く市民からの意見を聴取することとします。


(4)協働の視点

策定にあたっては、市民による策定委員会やその他の機関・団体、さらには行政組織が連携し、条例の意義や協働のあり方などの共通認識を持って、それぞれの役割を明確にしながら、一体となって策定します。

 

3.策定体制

条例の策定にあたっては、市民による策定検討組織として「検討市民委員会」を設置し、下図(フローイメージ)により、市民・行政が一体となった策定をめざします。

策定検討体制のイメージ図

4.策定状況の公表(情報公開)

市の広報紙やホームページ等を活用し、策定状況について随時情報提供を行うとともに、条例制定に向けての市民への啓発を積極的に行います。

 

5.市民意見の反映

広く市民からの意見を条例策定に反映させるため、次の方法等の導入により、意見交換や意見聴取を行うよう努めます。


(1)パブリックインボルブメント(PI)

計画等の策定にあたり、「案」をつくる段階から広く市民の意見を聞き、計画に反映する市民参加の手法です。

検討市民委員会が、自らの手で会議の運営方法などを考え進めていきます。また、会議は公開で行い、検討結果などについては、随時、広く市民に情報提供し、それらに対する意見聴取を行っていきます。

 

(2)パブリックコメント

検討市民委員会からの提言に基づき策定された「条例の素案」および「条例案」について一定期間公表し、市民からの意見を求めます。公表の方法、意見等の提出方法・提出期間等については、今後制定が予定されている「パブリックコメント」関連例規に定める手続きによることとします。

 

6.策定スケジュール

平成24年4月施行を目標に、概ね次のスケジュールに沿って作業を進めます。


 ○策定スケジュール(PDFファイル:109kB) 
…下図をPDFファイルでご覧いただけます。

策定スケジュール(予定)図   (PDFファイルも掲載しています)


 

◎士別市のまちづくり基本条例 (全体概要ページへの内部リンク)

 

  

お問い合わせ

市民自治部 自治環境課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?