トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険税 >後期高齢者医療制度移行に伴う国民健康保険税の軽減
本文

後期高齢者医療制度移行に伴う国民健康保険税の軽減

 75歳になる方は、それまで加入していた医療保険から後期高齢者医療制度に移行します。

 例えば、夫婦2人(夫74歳、妻72歳)で国民健康保険に加入していた世帯は、夫が75歳になると後期高齢者医療制度に移行し、妻だけが国民健康保険に残ることになります。また、会社の健康保険に加入している夫と扶養家族の妻の世帯でも、夫が後期高齢者医療制度に移行したことにより、妻だけが国民健康保険に加入することになります。このような場合に国民健康保険に加入する方の国保税負担が急に増えることがないように、次のように軽減されます。


所得の低い方に対する軽減
 国保税の軽減を受けている世帯で、75歳になる方が国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、世帯の国保被保険者が減少しても、世帯の構成や収入が変わらなければ、今までと同じ軽減を受けることができます。

単身世帯に対する軽減
 国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、国保加入者が一人(単身世帯)となる場合には、それぞれ次のような軽減が適用されます。

 

(1) 単身世帯になってから5年間

:医療分及び後期支援分の平等割の半額を軽減

(2) (1)経過後の3年間

:医療分及び後期支援分の平等割の1/4を軽減

 

 

被用者保険の被扶養者に対する軽減
 会社の健康保険などの被用者保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、その扶養家族である被扶養者の方(65~74歳)が新たに国民健康保険に加入することになった場合には、所得割については全額免除、均等割については半額になります。また、世帯の国保被保険者が被扶養者の方のみの場合は平等割についても半額になります。

 

※被用者保険とは政府管掌の健康保険や企業の健康保険組合、共済組合などの保険で、国民健康保険組合は該当しません。

※均等割・平等割の減額期間については、「資格取得日の属する以後2年を経過するまでの間」に限り適用されます。

 

 所得割…被保険者の所得に応じて負担する保険税
 均等割…被保険者一人ごとに負担する保険税
 平等割…世帯ごとに負担する保険税
  

お問い合わせ

市民自治部 市民課 国保係
TEL: 0165-26-7712   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?