トップページ > 市民向け情報 > 福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者福祉サービス >短期入所円滑化支援事業
本文

短期入所円滑化支援事業

 

 

事業内容  市内の介護老人福祉施設(特養)に併設している短期入所施設を利用した場合、居宅介護サービス費の一部(利用者の所得に応じて、100分の70から100分の90)を助成します。
対象要件  要介護と認定された方であって、次の各号のいずれかに該当する場合にのみ対象となります。

1.特養に入所していた方であって、医療機関への入院により3月を経過する前に退所し、退院後に再入所を希望したが欠員が無く、再入所を待つ間に利用する短期入所生活介護費が、1月の居宅介護サービス費の支給限度額を超える場合
 

2.家族等の介護支援を受けることができない在宅の方であって、居宅介護サービス費が支給限度額を超えて短期入所生活介護を利用する場合
 

3.前2号と同じ事由により短期入所生活介護を利用する方であって、支給限度額を超えずに30日以上継続して利用する場合

利用料

 短期入所生活介護の利用料(居宅介護サービス費の利用者負担+滞在費+食費)を負担していただきます。

 ※居宅介護サービス費の利用者負担は、所得に応じて1割から3割の負担となります。

申請先

お問い合わせ先

 健康福祉部介護保険課介護保険係 電話0165(26)7749 FAX0165(23)1766
朝日支所地域住民課                   電話0165(28)2121 FAX0165(28)4010

 

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?