トップページ > 観光情報 > 士別市の紹介 > 士別ふるさと大使 >士別ふるさと大使
本文

士別ふるさと大使

 

 士別ふるさと大使



「サフォークランド」、「合宿の里」、「寒冷地試験研究のまち」、「生涯学習のまち」そして「水とみどりの里」である『士別』の様々な魅力を、全国の一人でも多くのみなさんに理解してもらうため、次の方々に『士別ふるさと大使』としてご協力頂いています。

 

 

Hiroaki CHOSA

帖佐寛章氏

帖佐寛章(ちょうさ・ひろあき)氏

日本陸上競技連盟顧問。日本体育協会でも理事や国体委員長などを歴任。順天堂大学名誉教授。
東京教育大(現筑波大)卒。1953年に日本選手権800メートル、1500メートルで優勝。著書に「帖佐寛章伝マラソンへの憧憬」(ベースボールマガジン社)などがある。

「士別ハーフマラソン大会」の生みの親でもあり、士別市が進める「スポーツ合宿の里」づくりに多大なる力添えを頂いてきた。

  

    

Masashi TAKAYA 

高谷雅史氏

高谷雅史(たかや・まさし)氏

同友会グループ代表
著書には「痛風HOW TO栄養バランス~高尿酸血症の人のために」(女子栄養大学出版部)などがある。

士別でのスポーツ合宿のスタートとなった順天堂大学と本市のつながりに深いかかわりを持つ方である。

 

 

Keisuke SAWAKI 

澤木啓祐氏

澤木啓祐(さわき・けいすけ)氏

順天堂大学スポーツ科学特任教授。順天堂大学陸上部名誉総監督。
順天時代に箱根駅伝で活躍。5,000メートルで3度、日本記録を更新。10,000メートルでは1968年から7年間も日本記録を保持。1967年ユニバーシアード大会、69年メキシコ、72年ミュンヘン両五輪の5,000メートル、10,000メートル代表。

澤木氏の指導のもとに、多くのアスリートが、この士別でトレーニングに励んでいる。

 

 

Akemi MASUDA 

増田明美氏

増田明美(ますだ・あけみ)氏

スポーツジャーナリスト。
私立成田高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立。1982年にマラソンで日本最高記録を作り、1984年のロス五輪にも出場。1992年に引退するまでの13年間に、日本最高記録を12回、世界最高記録を2回更新するなど、輝かしい戦績を残している。

現役時代、夏の士別をひたすら走って汗を流し、宿舎の近くにある不動尊の滝で渇いたノドを潤した。引退後も、士別ハーフマラソン大会のゲストランナーや講演会などで多数来市されている。

  

 

Keisei KOBAYASHI 

小林敬生氏

小林敬生(こばやし・けいせい)氏

木版画家。1944年島根県生まれ。1976年の第7回版画グランプリ展以降、木口木版画を中心に発表。1978年第2回現代日本版画大賞展で優秀賞、79年第10回版画グランプリ展で優秀賞、82年第2回ソウル国際ミニチュア版画ビエンナーレ展でグランプリなど数多く受賞。1985年の〈蘇生の刻〉シリーズ以降、作品が大型化し、木口木版としては異例の巨大木版画を発表している。多摩美術大学名誉教授。

日本版画協会理事在任中、同協会の移動展開催にあわせて毎年のように来市され、士別をお気に入りの一つにして頂いている。「蘇生の刻‐緑の星・B‐」などの寄贈も頂いている。

 

 

Eiko MATSUI 

松井エイコ氏

松井エイコ(まつい・えいこ)氏

壁画家の第一人者として、全国各地に「人間」をテーマとする壁画、モニュメント、ステンドグラスなどを150作以上創作。1989年北京にて中国主催の個展開催。1994年国際モザイク展出品。2002年より、フランス、ベトナム、ドイツなどで講演。2007年より、アメリカにて病院の壁画プロジェクトに取り組む。著作の紙芝居『二度と』(童心社)がドイツ・ミュンヘン国際青少年図書館企画「平和を伝えるための国際図書展」に選ばれ、世界を巡る。日本各地23カ所で「松井エイコ壁画の世界展」が開催される。

士別では、士別市立北星保育所や「ふれあいの道公園」のガラスモザイク壁画、上士別小・中学校のモザイクステンドグラスを制作して頂いた。

 

 

Hideaki ISHIOU 

石王英明氏

石王英明(いしおう・ひであき)氏

士別地方にゆかりのある方々で組織する「東京士別ゆかりの会」の会長。士別市出身(士別高校卒)。
「東京士別ゆかりの会」は、「首都圏に在住する会員相互の親睦を図り、郷土士別の発展に寄与すること」を目的として組織されており、現在は、特に「若い年代の人たちの参画」を呼びかけています。

「東京士別ゆかりの会」についてのお問合せは、同事務局(TEL 043-309-4794)または、士別市役所総務部秘書広報課(TEL 0165-23-3121)まで。

 

 

Hideki MITO 

水戸英樹氏

水戸英樹(みと・ひでき)氏

士別出身(士別西小・士別南中・士別高校卒)の映画監督。高校時代から同級生と8ミリによる映画製作に熱中。大学で映画研究会に加入し、映画やCM作りに取り組んだ。
1993年「ストレンジ ハイ」でPFFアワードグランプリ、1996年「脳の休日」でゆうばり映画祭オフシアターグランプリを受賞した。2000年には士別地方でロケーションした「ホームシック」をベルリン国際映画祭などに出品している。

水戸英樹さんや同氏の作品についての情報は、インターネット上でも多数公開されています。

 

 

Satoe SUGIE 

椙江里恵氏

椙江里恵(すぎえ・さとえ)氏

士別市出身。日本航空ジャパン勤務後、専門学校、短大の講師を務め、その後、コンシェルジュ(ホテルの宿泊客のあらゆる要望、案内に対応する職)として活躍。
チーフコンシェルジュとしてパンパシフィックホテル横浜の立上げに携わる。

現在、会社を興し、コンシェルジュの普及、育成や企業、公共団体の研修、講演などに力を注がれている。

 

 

ZA-ONDEKOZA
Seizan MATSUDA
 

松田惺山氏

松田惺山(まつだ・せいざん)氏

鬼太鼓座代表。尺八奏者。
鬼太鼓座は、1969年、佐渡で結成されたプロの創作和太鼓集団。世界各国で活躍している。
2004年から、合宿のため本市に1週間ほど滞在ののち、ツアーの初日をあさひサンライズホールで開催することが続いている。

本市に滞在している間には、地元のアマチュア奏者や学校などのワークショップを実施するなど地域との交流も積極的に行っていただいている。

 

 

Midori HATAKEYAMA

畠山みどり氏

畠山みどり(はたけやま・みどり)氏

6歳から17歳まで士別市で過ごされ、士別高校卒業後はデザイナーを目指し上京。文化服装学院に入学。その後、歌手の道へすすみ、「出世街道」、「恋は神代の昔から」などの代表曲を持つ。

平成21年、平成27年に「畠山みどりふるさとに歌う」と題し、コンサートを実施していただきました。

  

 

Kouichi WAJIMA

輪島功一氏

輪島功一(わじま・こういち)氏

士別市出身の元プロボクサー。世界スーパーウェルター級王座を3度獲得。「炎の男」の異名を持ち「かえる跳びアッパー」で一躍有名に。現在、西荻窪の「輪島功一スポーツジム」の会長であり、芸能界でタレント活動と幅広く活躍中である。

平成21年には本市の開拓110年を記念して、「輪島功一講演会」を開催。多くの市民が聴講しました。

 

 

Kenji OGIWARA

荻原健司氏

荻原健司(おぎわら・けんじ)氏

北野建設株式会社スキー部長。ノルディック複合 五輪金メダリスト。前参議院議員。
スキーノルディック複合の選手として、長年にわたり世界で活躍。1992年アルベールビル、1994年リレハンメルのオリンピックでは、2大会連続で金メダルを獲得したほか、ワールドカップ個人総合3連覇の偉業も達成。
本市には、全日本ジュニアに選抜された高校生のころから合宿に訪れており、指導者となった現在も、部員を率いて合宿に訪れている。また、オリンピックデーラン士別大会のアンバサダーとしても多数来市されている。

  

 

Masako IZUMI

和泉雅子氏

和泉雅子(いずみ・まさこ)氏

女優、冒険家。1947年東京銀座生まれ。1961年日活に入社、日活3人娘として活躍し、映画、テレビ番組、舞台に多数出演。
南極の魅力に惹かれ、冒険家としての活動を開始、1989年にスノーモビルを使い、日本人女性として初めて北極点の到達に成功した。

現在は、銀座の自宅と士別市の「マークン山荘」を行き来する生活を送っている。

 

 

Junichi OKADA

岡田純一氏

岡田純一(おかだ・じゅんいち)氏

早稲田大学スポーツ科学学術院教授、公益社団法人日本ウエイトリフティング協会常務理事、早稲田大学ウエイトリフティング部監督。
士別市出身。士別中学校在学時からウエイトリフティング競技を始め、士別高校在学時にはインターハイで全国初制覇、早稲田大学在学時には全日本ジュニア選手権や全日本学生個人戦などで優勝するなど、輝かしい成績を残した。
順天堂大学、東京大学大学院でスポーツ医科学の最先端を学び、トレーニング科学の分野で活躍している。ウエイトリフティングをはじめ、様々な競技の日本代表選手の競技力向上に貢献している。

スポーツ医科学のスペシャリストとしての幅広い人脈と指導力で本市の「合宿の聖地」づくりを支援いただいている。

 

  

お問い合わせ

総務部 秘書広報課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?