トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 健診 >子宮がん・乳がん検診
本文

子宮頸がん・乳がん検診

士別市では、対象年齢で令和元年度中に偶数年齢になる方に、子宮頸がん・乳がん検診の費用助成をしています。

2年に1度の受診をお勧めします。 

 

◆内容
 
< 子宮頸がん検診 >
 ・子宮頸部の細胞検査
 
※子宮頸がん検診とあわせて、卵巣及び子宮内の様子を診断する「経腟超音波検査」も受診できます。

 

  < 乳がん検診 >
・乳房のエックス線検査

※40歳代は乳腺が発達している方が多いので、より正確な診断をするために、乳房超音波検査を併用することをお勧めします。旭川がん検診センターと保健福祉センター・あさひサンライズホールの日程で全額自己負担で受診できます。


 
◆対象

< 子宮頸がん検診 >
20歳以上(平成12年3月31日までに生まれた方)
 

 < 乳がん検診 >
40歳以上(昭和55年3月31日までに生まれた方)

※年度内奇数年齢の方は、全額自己負担により受診できます。 

◎次の方は、子宮頸がん・ 乳がん検診の対象外となります。
(1)病院や人間ドックで検診を受診予定の方
(2)現在治療中の方


◆令和元年度の検診会場・日程


 
 1.集団検診
 

日程 会場 子宮頸がん検診 乳がん検診
9月19日
(木曜日)

 

 

 

保健福祉センター

   ●
9月20日
(金曜日)
9月21日
(土曜日)

 

 
10月8日
(火曜日)
 
10月9日
(水曜日)

●     

(午前のみ)

● 

(午前のみ)     

10月9日(水曜日)

 あさひサンライズホール

●    

(午後のみ)

(午後のみ) 

 ※受診を希望される方は、保健福祉センター(電話22-2400)、または朝日支所内保健師(電話28-2121)へお申込みください。

 

※このほかに、令和元年度中に偶数年齢になる方にかぎり、成人病健診センターでも以下の日程で受診ができます。

 

 (1)子宮頸がん検診 7月29日(月曜日)、2月25日(火曜日)

   受診を希望される方は、保健福祉センター(電話22-2400)にお申込みください。

 

 (2)乳がん健診   6月から3月までの、毎週月・火曜日(1日定員2名程度)

   受診を希望される方は1週間前までに、成人病健診センター(電話22-2600)にお申込みください。

 

 2.バスツアー

 

日程 会場

8月22日
(木曜日)(保健福祉センター発着)

              旭川がん検診センター
※バスの送迎があります。
※35歳以上の方は、胃・肺・大腸がん・骨粗しょう症検診も併せて受診できます。

11月26日
(火曜日)(朝日総合支所・保健福祉センター発着)

 ※受診を希望される方は、保健福祉センター(電話22-2400)、または朝日支所内保健師(電話28-2121)へお申込みください。



3.個別検診

 日程

 会場

 子宮頸がん検診

 乳がん検診

5月~3月

     旭川がん検診センター
(バスの送迎は、ありません)

 ●

 ●

 ※35歳以上の方は、胃・肺・大腸がん検診、及び骨粗しょう症検診もあわせて受診できます。
※個別検診を希望される方は、旭川がん検診センターへ直接、予約、申込みをしてください。

旭川がん検診センター 
 受付専用フリーダイヤル 0120-972-489  電話 0166-53-7111 FAX 0166-53-7112


◆料金

検診の別 助成(検診)対象者の自己負担額 対象外の方
一般 国保加入者 70歳以上の方
生活保護の方
全額自己負担
子宮頸がん検診 1,700円 500円

無料
(偶数年齢に限ります。)

5,850円
頸膣超音波検診

500円

500円

1,030円(旭川がんセンター)

1,080円(成人病検診センター)

乳がん検診

2,000円 1,000円 40歳代
6,180円

50歳以上
5,150円

乳房超音波検査      40歳代 5,260円(全額自己負担)   

 

 

 

  

お問い合わせ

健康福祉部  保健福祉センター   朝日支所内 保健師
代表: 0165-22-2400          Tel 0165-28-2121   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?